糖尿病食の宅配をうまく使う

糖尿病食は糖尿病やその予備軍の人が体を健やかに保つための食事です。

糖尿病食を作ろうとすると糖尿病の人用のレシピを購入したり、カ−ド型の献立表を利用して調理します。

しかし、毎日調理するのは大変ですし、お料理が好きでない人には苦痛かもしれません。

そこで糖尿病食の宅配サービスを利用するひとも多いですね。

やはり毎日カロリーを考えながら食事を作るのはストレスになるかもしれませんしね。

ただ、気になるのはやはり糖尿病食の宅配は結構費用がかかるということです。

宅配ですからその移送費用も含まれているのでどうしても値段が高くなります。

こういう場合はコンビニの弁当を見てみるといいかもしれませんよ!
コンビニの弁当にはカロリー表示がしてありますから、許容範囲内なら気に入った弁当やおにぎりを食べてみてもいいのではないでしょうか?

コンビニ弁当には天ぷらやカツなど揚げ物が入っているのも多いので注意が必要ですが、ちらし寿司どんぶりなど小腹が空いた人用のものもありますよ!

>>藤城博の血糖値を下げる方法とは


その他サイトも参考に
糖尿病の予防には
糖尿病療養指導士とは
糖尿病性腎症と予防
posted by takuhai at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病食と宅配サービス

家族の人が糖尿病になると糖尿病食というのを作るようになります。

糖尿病食と行ってもごく普通のバランスのとれた食事といえます。
糖尿病の基本はカロリーを摂りすぎないことで、食べ過ぎが一番よくないことです。

2型糖尿病の場合は今までの生活習慣が影響しているので、食事運動には特に気をつけないといけません。

糖尿病食は「食品交換表」とか「糖尿病食のレシピ」などを手に入れて作り始めるわけですが、毎日となると家族の負担も大変で、たまにはお休みしたいときもあるでしょうね。

そこで最近では業者さんが糖尿病食を宅配で送ってくれるサービスがあります。
毎日の弁当や食材、冷凍食品、レトルト製品などがあり、便利になりました。

これらの宅配サービスをうまく使って家族の負担を減らしてみるのもいいかもしれませんね。

>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトもどうぞ
糖尿病と血糖値
低カロリーのお菓子をさがす
2型糖尿病の特徴
posted by takuhai at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病食の宅配業者

糖尿病の人のための食事は1食300〜500kcal程度に制限されます。
このカロリー内に収めて料理を作るのも大変です。
たまには宅配糖尿病食を利用してみてはいかがでしょうか?

有名なのは「ニチレイ」でレトルト製品などがあります。レトルトはしゃぶしゃぶ感があるので好き嫌いがあるかもしれません。
きくばり御前」は弁当タイプで320kcalに統一されていてカロリー計算がしやすいですね。

お弁当で有名な「タイヘイ」では治療食が冷凍ですが宅配サービスがあります。
ヘルシー御前」は朝・昼・夕食をカロリーコントロールしながら食べることが出来ます。
ちなみに、「スマイル御前」というのもあり、タンパク質や塩分の制限食もあって腎臓病の人にもいいかもしれません。

宅配クック123」でもカロリー食が提供されていて、加盟店からデリバリーされます。

トラストサービス」でも糖尿病食(冷凍)を頼むことができます。

その他「けんたくん」「ミールタイム」「ふうどりーむず」などがあります。

糖尿病食の宅配サービスは冷凍のものもありますので、まとめ買いをして保存しておくのもいいかもしれませんね。

>>藤城博の血糖値を下げる方法とは



その他参考サイトはこちら
血糖値を下げるには
血糖値の測定法
糖尿病の合併症
posted by takuhai at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
健康維持
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。